2017年度決定版!
犬用サプリメントランキング

トップページワンちゃん豆知識 ▶ 食ふんの原因とは?

食ふんの原因とは?

食ふんの原因とは?

食ふんの原因とは?
犬が食ふんする原因にはいくつかのことが挙げられます。
まず一つ目には、親犬の真似をしていた名残が挙げられます。
どの動物にもみられることですが、親は生まれたばかりの子供の排泄を促すために、おしりをペロペロとなめて刺激を与えてあげたり、衛生を保つために、そして天敵から身を守るために、排泄物をすべて食べることで処理していました。
このような様子を見ていた子供が大きくなった際に、自然に親の行動をまねするようになり、食ふんをしてしまうといわれています。
そして二つ目には、食ふんする行動を、飼い主が喜んでいると勘違いしていることが挙げられます。
食ふんしている姿を目撃した際に、飼い主が叫び声をあげたりしている場合には、この言動を飼い主が喜んでいると勘違いしてしまいます。
そのため食ふんをすれば飼い主に喜んでもらえると思い、食ふんを続けてしまうといわれています。
さらに空腹だったり、ビタミン不足によって、食ふんをしてしまうケースも見られます。
多くの家庭の犬の食事回数は、1日に1回もしくは2回でしょう。
しかし中にはその食事量だけでは足りない犬もいます。その際に空腹のあまり、足りない分を食ふんすることで補っているといわれています。またビタミンが不足しがちな場合にも、栄養補給を目的に、食ふんする場合があるといわれています。