2017年度決定版!
犬用サプリメントランキング

トップページワンちゃん豆知識 ▶ 犬の皮膚に対しての悩み

犬の皮膚に対しての悩み

犬の皮膚に対しての悩み

犬の皮膚に対しての悩み
前足や後ろ足で、ガリガリと顔や身体を掻いたり、しつこく舐めて毛が抜け皮膚が赤らんだり。
犬は痒みを我慢できないため、適切な治療や掻かせない対策をおこなわないと、みるみる毛が抜けてしまいます。犬が身体を掻くことを止められず、悩んだことがある飼い主さまは多いのではないでしょうか。
皮膚疾患には、様々な原因があります。
細菌によるもの、体質によるもの、ダニやノミなどの虫によるものです。
細菌性皮膚炎は、皮膚の常在菌が何らかの理由で増殖することで発症します。
痒みや肌に赤らみ発疹がみられ、悪化すると化膿することもあるのです。
アレルギー性皮膚炎は、ハウスダストなどの環境や食品に含まれるアレルゲンが原因とされます。痒みと赤らみがみられ、目や口の周り、腹回りをペロペロなめて毛が抜けてしまうのです。
また刺激のある薬品や強いシャンプーなどの物質に触れることで引き起こされる接触性皮膚炎は、アレルギー性皮膚炎を発症していると症状が酷く出る場合があります。
ヒゼンダニに寄生されることで発症する疥癬は、特に強烈なかゆみがあり、爪を立ててバリバリと掻くためボロボロと毛が抜けてしまいます。 また免疫力の低下で発症する毛包虫症も強い痒みを引き起こすのです。
犬が痒がる姿は痛々しく、見ているのも辛いものです。犬の身体は体毛で覆われていますが、皮膚はとてもデリケートです。
定期的にシャンプーして肌を清潔に保ち、痒みの原因となる細菌やアレルゲンには注意を払ってあげましょう。